パチンコ店のお仕事が高収入求人として紹介されているけど本当なの?

私たちのサイトではあなたの「パチンコ店のお仕事が高収入求人として紹介されているけど本当なの?」という疑問に対しての答えとなるような情報を紹介していきたいと思います。

高収入求人であるパチンコ店で働く場合、どういう仕事をするのか?

パチンコ店で働きたいという人の多くは高収入求人だからと言うのが多いのではないでしょうか。高収入求人がきっかけであっても、パチンコ店で働くのであればどういう仕事を行うのかということは知っておいたほうがいいでしょう。今回は男性がパチンコ店で働くのであればどういう仕事を行うのかということについて紹介していきます。

■男性はホールスタッフが中心
パチンコ店の仕事というのは大きく分けてホールスタッフとカウンター業務に分かれており、男性は前者を担当することになり、女性は両方兼任になることがあります。パチンコ店は営業時間が長いですので早番と遅番に分かれることになり、1日の勤務時間が8時間程度というのが基本的なパターンです。

ホールスタッフとは直接遊技台でお客様と接客を行うのが仕事です。普段は台の異常やお客様が困っていないかどうかを歩きながら巡回していき、その時にお客様に呼ばれたらドル箱の上げ下ろしやトラブル対応、玉運び、灰皿の掃除などを行います。

高収入求人であるパチンコ店で働く場合、どういう仕事をするのか?

パチンコ店に入ったらわかるように音がうるさいですので、大きな声を出していかないとお客様には届きません。大きな声であいさつをするというのは基本になります。

■一番基本のドル箱の上げ下ろし
最近のパチンコ店ではドル箱が必要としない設備も増えてきているわけですが、まだまだドル箱を用いて営業しているパチンコ店は多いです。こういうスタイルのパチンコ店であれば必然的にドル箱の上げ下ろしの作業が入ってきます。ドル箱にパチンコ玉がいっぱいになった場合には10Kgぐらいになりますので、上げ下ろしをするだけで意外と負担がかかるのではないでしょうか。

これは慣れてくれば力の入れ方や体重移動、運ぶ時のコツなどで楽にこなすことができます。しかし、下手に持ち上げてしまうと腰を痛めるという危険性がありますので、十分に気をつけましょう。ドル箱を下ろすというのは、手元のドル箱が満タンになると代わりのドル箱を要求しますので、代わりのドル箱を渡してあげて満タンになっているドル箱を足元に下ろすという作業です。

ドル箱を上げるというのは、大当たりが終わると手元のドル箱が空になりますので、足元にあるドル箱を手元に上げてあげるという作業です。こういうドル箱の上げ下ろしの作業が頻繁に行うことになります。パチンコを遊び終わったお客様にドル箱をカウンターに運搬するという作業を頼まれることがあります。

ドル箱が多い場合には台車をうまく使いながら運搬をしていきます。その時にドル箱を倒してしまったらちょっと目も当てられないような状態になりますので、運搬には十分に気をつけましょう。

■開店前の作業や閉店前の作業がある
パチンコ店の仕事は営業時間中だけでなく、開店1時間前から開店前の仕事を行い、閉店1時間後まで閉店後の仕事があります。どちらも仕事の内容は異なる可能性が高いですが、作業を行う理由というのはお客様に快適に遊んでもらうための準備や掃除、メンテナンスを行うという意味では両方とも同じようなものです。

ホールスタッフ以外にも依頼された仕事を行うということを把握すればいいでしょう。

■仕事の内容自体は慣れれば誰でもできるものがほとんど
パチンコ店の仕事はパチンコ店の環境に慣れていけば誰でもやれるものが大半です。意外と離職率が高いということが言われていますので、それなりに大変な仕事です。ここで続けられるかどうかということをポイントにおいて仕事に就けばいいのではないでしょうか。

公開日:
最終更新日:2016/11/14